″七・五・三″のいわれ


11月になると、神社・寺などで

七・五・三の衣裳を身にまとった子供を良く目にしますねおリボン

その由来は、関東地方からです関東



花オレンジ才(数2年)を「髪置の儀」とし

男女共、江戸時代は3才までは

髪を剃る習慣があったためそれを終了する儀。


花ブルー才(数4年)を「袴儀」とし

男の子が行う

男の子が袴を着用し始める儀。


花ピンク才(数6年)を「帯解きの儀」とし

女の子が行う

女の子が幅の広い、大人と同じ帯を結び始める儀。


という意味がありますうっとり


何はともあれ、

健やかな我が子の成長を願う親の心が

感謝をささげる儀式として定着していきました太陽


スタジオ21でも可愛い子供達の撮影で大賑わいですむむっd.heart*


ペタしてね

おはなおはなおはなおはな