白無垢の選び方~3

こんにちは
今日は白無垢の選び方・3回目【ふき】について書きます

ふきとは、白無垢の裏地部分が表にまで見えている部分の事です。
袖口や裾・比翼などで、わかりやすく表すと、ふとんのように見えるところです

多くの白無垢はふき部分も白色ですが、なかには、ふきの部分だけが赤い色のものもあります
これは 「赤ふき」 と呼ばれるものです

「他の人とは違う装いをしたい」という、お洒落な花嫁様にピッタリですね

紅白のコントラストは縁起が良いだけでなく、顔映りをよくする効果もあります
白無垢の赤は魔除けの意味もあり、災いを防いでくれるという説もあります

お洒落の意味合いの強い赤ふきですが、
こうした色の持つ意味で選んでみるのも楽しいかもしれませんね

☆只信☆


✽比翼…和裁で、襟・袖口・振り・裾を二重にし、2枚の長着を重ねたように見せる仕立てのこと。人形仕立てとも言います。

scroll-to-top