ウエディングドレスが白い理由

こんにちは
ウエディングドレスって白いものですが、なぜ白いのでしょうか

中世ヨーロッパでは白いウエディングドレスにこだわらず
流行のファッションに合わせた色のドレスが着られていました
18世紀後半、流行が白になり徐々に白いドレスが増えていったそうです

白いドレスの普及に一役買ったのがビクトリア女王の結婚式です
はじめは白いドレス=裕福の象徴だったのですが
産業革命をへて普通の家庭でも手が届くようになったようです

ちなみに日本でウエディングドレスが普及したのは最近のことで
ダイアナ元妃の結婚式後あたりからです
それまで白無垢が主流だったのですが変化が生じたようです

「白」は清潔・新鮮・純潔といった意味を持っています
花嫁さまの立場にピッタリくる色でもありますね

ひとえに白いウエディングドレスといっても
純白のスノーホワイトもあれば
生成のオフホワイトのものもあります

一生に一度の最高の日ですから、自分に一番似合う「白」を見つけて
個性を出してみるのも良いかもしれませんね

☆只信☆
scroll-to-top