季節に合わせた着物

こんにちは
毎日、暑いですねー
今日は季節に合わせた着物について・・・
着物も洋服と同じで季節に合わせた着物があります。

①十月から翌年五月までは袷(あわせ)仕立ての着物を着ます。
「袷」とは裏地の付いてる着物のことです。
寒い間は着物の上に羽織を着ますが、四月初旬ぐらいまでです。

②五月下旬から六月中は単衣仕立ての着物を着ます。
表地の生地は袷と同じですが、裏地は付いていません。
長襦袢も六月からは「絽」を着ます。
この時期に着る単衣の事を「夏単衣」と言います。
色合いは柔らかく涼しげなお着物を選びます。

③七月、八月は最も暑い季節なので薄地の着物を着ます。
染めなら「絽」や「紗」、「羅」などの生地、織りなら上布(麻)、
紬など透けるように織った生地を使います。
帯は夏用の「絽」や「紗」、「羅」などの生地をつかいます。

④九月中は単衣の着物に戻ります。
五月下旬から六月と同じ単衣仕立ての着物を着ます。
九月中の単衣の事を「秋単衣」と言います。

①→②→③→④→①と着物も季節に合わせていきます。
が、衣更えにも限界がある為、持っている着物を
上手く生かし、小物の色、柄を上手に組み合わせて、
季節感を出していくといいですね。

       

      渡部
scroll-to-top