帯の種類と格 第二弾

こんにちは
次回の続きで今回も帯の種類です。


簡略化を目的として作られた帯に名古屋帯というのがあります。

胴に巻く部分が最初から半分に折られているので、

着付けがスピーディーにできます。

略礼装に用いられる織りのものから染めのものまで、

広範囲に用いられます。

織りだと喪服、染めは外出着用、普段着用などに用いられます。


あと、半幅帯、角帯、兵児帯など主に浴衣や普段着に用いられます。

但し、角帯にいたっては

婚礼衣装、成人式(紋付袴)にも使われます。


他にも、抱え帯、しごき帯といって

婚礼衣装(花嫁)のお色直しなどに用いられるものもあるので

それぞれの用途と格を考えバランスの

とれた組み合わせを目指しましょう


詳しくはこちら

http://isho-hanaya.co.jp/costume/tomesodehoka/korotomesode
=渡部=

scroll-to-top